2006年09月30日

その後の1ヶ月

 それからも私は不眠と、胸の痛みと動悸、時々襲ってくる過呼吸に悩まされた。食欲は全くなく、ただ薬を三食飲むだけだった。

 動悸は体が揺れているかと思うほどひどいものだった。腕もぶるぶる震えていて、字が書けなくなっていた。怖かった。

 夜の睡眠薬はユーロジン2rを2錠とハルシオンが2錠でたし、一睡もできないので、夜飲む食後の薬を寝る前に一緒に飲んで、眠気を誘ったが、それでも、眠れる時で2時間が限度だった。

 まだ暗いうちから目が覚めて起き出してテレビを見ても、空虚だった。電気代がもったいないし、主治医から「眠れなくても、横になっているだけで、体は休まりますからね。」と言われていたので、まんじりともしない夜明けを迎える日々が続いた。

 まだ暗いうちから新聞配達のバイクの音が響く。「あ、起きているのは、私だけじゃないんだ。」と少しほっとしたり、夜中に目が覚めて、いつも横に眠っている娘がいないのを確かめると、怒涛のようにあれる涙。涙。涙…。私はこのまま、ずーっと一人でいるのだろうか…。家を出た私が悪いのだろうか…。子供たちは何を思っているのだろうか…。寂しくないだろうか…。泣いてはいないだろうか…。父親に優しくしてもらっているのだろうか、私のように、怒鳴られてはいないだろうか…。


 私たちが知り合ったのは、私が東京の短大の1年生の夏休みだ。大学に併用していた短大だったので、大学の通信教育の人達がスクーリングで来る数週間の間、その人達が泊まる寮で、寮長のアルバイトを友達としていた。その中に同郷の人達がいて、仲良くなり、私のアルバイトがお休みの日に、近くでみんなでご飯を食べようと言う事になり、その子達がやはり同郷の男の子達も呼んで、今の合コンのようなことをする事になった。その時にただ一人他県の男の子がいた。同郷の子達と仲良くなって、連れてきたと言う。それが彼だった。

 女の子は私のアパートで雑魚寝をする事になっていたが、途中で気持ち悪くなってしまった子がいて、その子を私と一緒に送ってくれたのが、彼だった。玄関に続くキッチンに彼女を寝かせておいて、彼が布団を敷いてくれた。二人で布団に寝かせると、「それじゃ、また。」と言って帰ろうとした時、彼が電話の隣においてあったメモ帳を見つけて、自分の名前と電話番号を書いた。私も送ってくれたお返しのつもりでアパートの電話番号を書いた。それが私達の遠距離恋愛の始まりだった。私が19歳、彼が20歳の時だった。

 それから数ヶ月音沙汰がなく、秋も深くなってきたころ、大きな地震があった。私は地震が多い県の出身なので、たいして恐怖感はなかったが、アパートの友達たちはみんな外に出て怖がっていた。そんな時、彼から初めての電話がかかってきたのだ。「地震、大丈夫だった?」唐突だった。彼はまだ会社にいるらしく、会社の先輩数人に電話が回され、顔も名前も分からない男の人と話をあわせなければならなかった。

 それから数日後、彼からこの間の電話のお詫びと言って、連絡があった。先輩たちに合コンの時に撮った写真を見られて、からかわれてしかたなく電話をしたと…。そして、今度どこかに遊びに行こうかと言う話になった。

 彼の家から私のアパートまでは車で3時間あまり。高速道路も使うし、もちろんガソリン代もかかる。そこから遊びに行ったって、遊園地に行くとしてもただでは遊べないし、お腹もすく。彼はそのお金を全部自分で払った。そして、結婚して後々に「あの頃は、お前にずいぶん金を使った。1ヶ月の給料がお前のところに行くと吹っ飛んで行ったよ。」といやみを言われた。

 でも、ここで言っておかなければいけない事がある。付き合い始めた時私は、「支払いは、割り勘で行きましょう。でないと、長く続かないし、片方にだけ負担がかかるのはいい事ではないから…。」と言っていた。何度も。でもかっこつけて自分で払っていたのは彼のほう。「お金はね、男が払うもんなんだよ。」と言う言葉。お返ししたいわ。

 それでも付き合っている頃は、相思相愛だったと思う。半年か1年くらい付き合うと、彼の実家に招待され、それからは彼の家に泊りがけで遊びに行くようになった。年をとって生まれた次男坊を、ご両親はとても可愛がっておられた。私が行っても、とても良くしてくれて嬉しかった。

 付き合って約1年半、私は短大を卒業して、東京のあるコンピューター関係の会社に就職した。もともとそういう専攻の学科だったので、とても嬉しい就職だった。先輩たちも女性も沢山いて、可愛がってもらった。その頃はまだ、ウインドーズなどない時代で、主流はまだまだワープロだった。その会社で入社してすぐに、大手のF会社の社員研修に一緒に参加して、検定試験もとった。さあ、これからがんがん頑張るぞーと言う時に、彼から電話がかかってきた。

 彼も、アルバイトで仕事をしていた会社が倒産して、知り合いの人の紹介である会社に就職していた。そしてその勤務地が、実家から少し離れた所で、アパートで一人暮らしをするという。そして、私にそこに来てほしいと言うのだ。でも、そこから東京までは通勤できない距離であり、私は入社したてで、会社のお金で研修を受けて、検定もとらせてもらった。その恩を返していくのはこれからだと思っていた矢先である。上司からも「この仕事向いてるね。がんばってね。」と言われていた。

 でも、考えに考えた挙句、若気の至りで、彼の元に行く決心をしてしまったのである。それだけ彼のことが好きだったのだ。断れば、彼を失うという恐怖もあった。そして、大ひんしゅくの中、私はその会社を退社し、彼の元へ引っ越していった。

 だが、時が経つとこうも変わるものかと思うが、彼は、私が押しかけ女房のようにしてアパートに引っ越してきたと言っていたのである。

 この時の決断が私の人生を狂わせてしまったのかもしれない。
posted by ゆい at 13:19| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

起きられない…
Excerpt: 「パニック障害」メディカル・ガイド―診断から回復まで 販売元 : Amazon.co.jp 本 価格 : ¥ [タイトル] 「パニック障害」メディカル・ガイド―診断から回復まで [著者] 越野 好文..
Weblog: うつ病闘病記(ゆいの場合)
Tracked: 2006-10-07 09:22

よく考えたら…
Excerpt: H18.10/7(日) 追記です。聾 よく考えたら、私、うつ病になったの、6年前じゃないかもです。6年前にひどくなって、たまたま病院に行って、”うつ病”という病名が付いただ..
Weblog: うつ病闘病記(ゆいの場合)
Tracked: 2006-10-07 09:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。