2007年01月27日

初めての子宮がん検診

H17.12/22

 総合病院に、癌検査と子宮筋腫と貧血の検査で行く。子宮癌の検査ではVという結果。そして再検査。「今回の検査はちょっと痛いですよ。頑張ってください。」と先生に言われ、「嫌だなぁ。」と思いながら診察台へ上る。

 診察台は、何度上っても慣れない。カーテンがあって、あちら側は見えないけれど、足を広げるのが恥ずかしくて出来ない。

 先生が、「足の力を抜いて、ペタンとして下さいね。」というが、ペタンの意味が分からない。私はこちら側で、両手を椅子についている、たぶん手で握る所だと思うところを、ぎゅっと握って、歯を食いしばった。看護師さんが「はい、大丈夫ですよ。フーっと息を吐いてくださいね。」私は、言われたとおり、「フー、フー。」

 他人に足を広げられるのは嫌なので、ぎゅっと目をつぶり、少し広げてみた。「はい、そうですよ。ちょっと痛いけど、ごめんね。」と先生。私は思わず、「い、いたっ…」(T T)

 金属の物で子宮の壁をそぎ落としている感じがした。痛いのなんの。先生「この検査は痛いんだよね。ごめんね。はい、もういいですよ。」

 私は、1qくらい、全力疾走(本当はそんなことしたことないけど)した時のように、ぐったりして診察台から下り、ライナーを付けてジーンズをはいた。

 診察室に戻る。先生「年末年始で検査の結果が遅れるとあれなので、1/12にしましょうか。検査結果を聞きに来る日は。」私「はい。」疲れきっている。先生「まぁ、あまり心配ないと思いますけどね。一応やっぱり奥にポリープ状のものが見えるので、そこの所を詳しく検査しましょうね。貧血はありませんでしたよ。」

 先生の説明によると、T、Uは問題なし。W、Xは癌。Vは微妙な感じだけど、心配だから再検査ということだったらしい。

 私はその足で市の図書館に行って、5冊借りた。3冊は医学的に子宮がんはどういう病気で、どういう治療をするのかを勉強する本。2冊は、子宮がんを経験した方の闘病記だ。

 読み続けていく中で、子宮体癌の可能性があることが分かり、次の結果が、レベルTaまでなら、ひとまず全摘出はしてもとりあえず安心。Tb
より上なら、少し大変だなぁと思った。byゆい
posted by ゆい at 14:52| Comment(26) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。